2級建築施工管理〜仕上げ〜合格への道!

【おすすめの勉強法】【学科】 2級建築施工管理技士 〜仕上げ〜

study

学科のおすすめ勉強法〜仕上げ〜

 

学科のおすすめの勉強法について書いていきます。

 

3ヶ月あれば、独学でもなんとかなる期間だと思っています。
仕事で忙しいなどといった方もおられるかもしれませんが、効率よく勉強して合格したいですよね!?

 

そんなおすすめの勉強をご紹介します。

 

study

 

1. まずは自分にあった参考書を選ぶ

 

筆者は、

 

「平成30年度版 2級建築施工管理 学科試験テキスト 総合資格学院出版」
「平成30年度版 2級建築施工管理 学科実地問題解説 総合資格学院出版」

 

の参考書のみで学科試験の勉強をしました。

 

選んだ理由は、

 

・ 見やすかったこと
・ そこそこボリュームがあったこと
・ 図での説明が多かったこと

 

です。

 

特に注目したいのは図が多く含まれていることです。
言葉よりも図の方が頭にイメージが残りやすくなります。

 

2.参考書を一読する

 

まずは、躯体工事以外のところをスピーディーに一読します!

 

目的は、どのようなことが書かれているかということを把握することが大切です。

 

仕事の行き帰りの電車の中や、少しできた時間でカフェなどで集中して読むといいでしょう。

 

期間としては、1〜2週間を目指します。

 

1か月くらいかけてノートにまとめる

 

ノートに参考書にかかれているポイントをまとめて行きます。

 

この目的は、書くことで頭にインプットしていきます。
また、ノートにまとめるという作業は、内容を理解しどこがポイントかを理解していくことができます。
そうすることによって、頭に少し残っていきます。

 

ノートにまとめる箇所は、躯体工事以外の箇所をまとめていきます。

 

まとめる時にも、参考書でわからないことはインターネットなどで調べていくと効果的です!

 

多少しんどい作業ですが、しんどいからこそ他の皆がしないので、合格に近づくと思ってください。

 

期間は1か月を目指してください!

 

1、2年分の学科の問題を解いてみる

 

ノートにまとめたことで、すこし内容が理解できていると思います。

 

1,2年分の問題を解いてみましょう!
そうすることで、今の自分の理解度が把握できます。

 

また、どのようなところがわかっていないのかも把握することでき、対策が打てます。

 

エクセルをつかって、参考書の内容をまとめなおす!(仕上げ部分のみ)

 

エクセルをつかって、さらにまとめていきます。
この作業は、自分なりの問題集をつくるイメージです。
作業完了したら、紙に印刷して、何度も見直していきますので、しっかりと作りましょう。

 

仕上げ部分だけでいいです

 

特に理解する必要のある箇所ですし、一番難しいためこの部分だけを頑張りましょう。

 

・ ジャンルごとにわける (防水工事、シーリング工事など)
・ さらに小項目をつくる (メンブレン防水など・・・)
・ 必要なだけ小項目をつくっていく
・ 詳細項目をつくる

 

わかりずらいと思うので、筆者のつくった一部を下図に載せておきます。

 

sikaku

 

自分でわかりやすいように作成してください。
期間は2週間を目標です。

 

出来たエクセル表を印刷して、ひたすら読む

 

出来たエクセル表を印刷しましょう。
いつでも持ち歩いて、いつでも勉強できるようにするためです。

 

エクセルで左に書いたジャンルをみたら、右にどんなことが書かれているかを覚えるイメージで勉強します。

 

期間は試験がはじまるまで、ずっとし続けて下さいね。

 

エクセルと並行して、共通問題や法規も内容を何回も読む

 

共通問題や法規についても、ノートにまとめているかと思います。

 

これをひたすら頭にいれます。

 

仕上げの専門分野よりは、勉強しやすいと思うので、すばやく全部理解して覚えてしまいましょう。

 

2週間あれば出来ると思います。

 

10年分の問題集を解きましょう

 

10年分の問題集をひたすら解きます。
間違ったところはチェックをつけ、繰り返し行ってくださいね。

 

どうしても間違うといったところは、インターネットなどで検索して理解を深めます。

 

検索のときに、画像検索して、イメージを持つなんていうことが効果的ですよ!

 

残り1か月はひたすら復習!

 

試験前1か月はひたすら今までやったことを復習してください。
このころには半分以上は頭に入っていると思います。

 

少し勉強が楽しくなってきているのではないでしょうか。

 

試験に臨む

 

ここまで来たら頑張るのみです!
健闘をお祈りしてます!

 

注意!躯体工事も全て捨てないでおきましょう

 

躯体工事の部分の知識もいる問題もあります。

 

上で書いたスケジュール内で仕上げの知識をいれることで一杯になるかもしれませんが、
合間をぬって躯体工事についても、参考書の部分を読むだけでいいので、読んでおきましょう。

 

この部分をちょっとやっておくだけで、合格率が格段に上がります!

 

どうしても参考書だけでは不安な方や出来ない方

 

下記の独学サポートなどを行っている教材や講座があるので、使ってもいいかもしれません。

 

時間が特にとれないという方は、教えるプロに学ぶのも近道かと思います。
私は、一回目の試験で落ちたら、次は利用しようかと考えてました。

 

おすすめの独学サポート↓
2級建築施工管理技士